あなたの愛猫を土に返すことでできるボランティアがあります

 

猫のためのお墓をつくりました。

これまで多くの猫を保護してきました。公園に捨てられていた猫の中には病気の猫もいました。路上で倒れていた猫の多くは高齢でした。子猫の中には生まれつきの病気を持つ猫もいて、多くの猫の最後を看取りました。そんな保護猫たちの供養をするために建立いたしました。これまでシェルターにおいて、看取った猫と地域猫の約120匹が眠っております。

現在、埋葬できる数は約800骨です。今回は3区画を購入し建墓いたしましたが、これからいただく埋葬料と寄付金を積み立て、区画を増やしていくことができます。あなたの愛猫のお骨を土に返すことで、路上で死んでいる多くの飼い主のいない猫達の供養ができるシステムを作っていく予定です。

 

 

猫専用共同供養碑に埋葬できる猫

 飼い猫、地域猫、飼い主のいない猫

(原則、お骨となっているもの)

ニルバーナさん以外での霊園、お寺等で火葬された猫のお骨も埋葬できます。

 埋葬の方法

骨壺での埋葬は行いません

多くのお骨を埋葬するために、晒(さらし)で手作りされた布袋にお骨を入れ埋葬します。

 *お骨袋代は埋葬費代に含まれます。

埋葬料について

 🐱1匹〜4匹までは一骨につき1万円

 🐱5匹〜9匹までは一骨につき7千円

 🐱10匹I以上は一骨につき5千円

これ以上の数のお骨を埋葬されたい方や猫のボランティア活動を行う方はご相談ください。なるべく安価で埋葬できるよういたします。

●管理費はありません。

🐱路上や空き地等で死んでいた身元の分からない猫の埋葬は無料となります。ペット霊園への運搬、火葬に掛かる費用は埋葬依頼者のご負担となります。火葬料金等は霊園にて、ご相談下さい。


猫が死んでいたらどうしますか?

もし道路で動物が死んでいたら、死体が損傷しないように、道路の端に寄せてあげて下さい。そして死体の引き取り先をさがしましょう。 

●東京都練馬区の場合

動物の死体は管轄地域の清掃局へ電話で回収を依頼します。

飼い猫の場合は有料(2,600円)飼い主のいない猫は無料です。

http://www.city.nerima.tokyo.jp/kurashi/gomi/recycle/shori.html

清掃局に回収された死体は練馬区指定のペット霊園に運ばれ合祀となります。 

●ペット霊園において、飼い主のいない猫の死体を供養してくださるところが有ります。
お近くのペット霊園にご相談されてみるのも一つの方法です。



いつもご協力ありがとうございます

現在追記中のため非公開となっております。

 

 


建墓者(福田佐富美)ブログ

イラスト/猫玉


※掲載されているイラスト、写真及び文章の無断転載を禁止いたします。

一般社団法人「練馬の猫を考える会」@the_hogocat