迷い猫、探しています

《死に別れより辛い別れは生き別れ》

何時もは散歩から必ず帰宅する猫が帰ってこなかった。

外に出たことのない飼い猫が、ちょっとした隙間から出てしまった。

毎日、決まった時間に集まる地域猫たちが、姿を見せなくなった。

人が好きで、抱っこが大好きだった公園猫が突然、消えてしまった。

何処に行ってしまったのだろうか?

生きているのだろうか。死んでしまったのだろうか。

もし生きていたら、もう一度、逢ってみたい。

夢でもいいから出てきてほしい。

そんな辛い経験を持つ、猫好きさんのためのサイトです。

 

ここに掲載をしている猫を保護し飼ってくださっている方には、お礼を申し上げます。

当会に、ご連絡をお願いいたします。迷い猫全ての引き取りが希望ではなく、幸せに元気で生きていることを確認できれば心が安らぎます。逃がしてしまった飼い主さんとの対応は、当会が責任を持って行いますので、ご迷惑をかけることはありません。

アルビー

まだミルクを飲む小さな子猫で保護されました。ボランティアさんの元で4歳まで暮らし、譲渡会を経て新たな飼い主さんへ譲渡されたのですが、その家から出てしまいました。とても人馴れしている猫です。

ラック

生まれは高知県で1歳まで外で暮らしていた猫を地元のボランティアが保護しました。東京にて新しい飼い主さんと繋がりましたが、その家から出てしまい、行方不明になって半年が経過しています。首輪は取れているかもしれません。痩せているかもしれません。


迷い猫、保護しています

クロトラ・オス

歯がボロボロのため高齢と思われます。エイズ陽性。去勢済み。ヨダレが多く、腎臓の数値が悪いため治療をしています。
保護日:2017/12/08
保護場所:石神井町3−3
当会の事務所の玄関前に座っていました。

*近所の地域猫と判明いたしました。

ご協力をありがとうございました。

2018年3月1日・死亡

茶白・オス

石神井公園駅付近に突然に現れました。赤い首輪をしていたため、保護するまでに時間が掛かりましたが、未去勢でした。元は飼い猫であると思われます。警察、愛護センターのは連絡済み。

保護日2018年5月の保護

人馴れは抜群で、抱っこして捕獲しました。

 


いつもご協力ありがとうございます

《猫白血病の治療薬を購入するためのご寄付をお願いしております》準備中

 


建墓者(福田佐富美)ブログ

イラスト/猫玉


※掲載されているイラスト、写真及び文章の無断転載を禁止いたします。

一般社団法人「練馬の猫を考える会」@the_hogocat